ワードプレス用途別プラグイン一覧表

良く使われてる人気プラグインのご紹介です。

※プラグインは、入れすぎると重くなるので注意です。

・Ktai Style・・・携帯表示に一発変換
・WPtouch・・・スマホ表示に一発変換

現在、レスポンシブ対応デザインが主流のため、この二つのプラグインは不要なこともあります。

用途別人気プラグイン一覧

・WP-Table Reloaded(テーブルを簡単に挿入できる)
・TinyMCE Advanced(企業で使う場合は、必須。ビジュアルエディタを強化する。)
・Disable Revisions(DB圧迫回避)
・Contact Form 7 (お問い合わせフォーム)
・WordPress.com Stats (ワードプレス専用アクセス解析)
・adMore(記事中に広告タグ等挿入するプラグイン。Moreの位置にも挿入可能。)
・Akismet(スパムから保護してくれるセキュリティプラグイン。必須。)
・brBrbr(改行プラグイン)
・Login LockDown(ログインセキュリティ対策)
・WP Multibyte Patch(メール送信、トラックバック受信、ピンバック受信、EXCERPT 系関数、検索などで日本語をうまく処理できるように修正してくれる。)
・Wordpress Popular Posts
・All in One SEO Pack(自動でSEO対策をしてくれる)
・WP Hyper Response(WordPressを高速化させる)
・WordPress Database Backup(DBのバックアップ)
・Maintenance Mode(メンテナンス中、読者からのアクセスをブロックするプラグイン。)
・Category Order(カテゴリーの順番を変更できる)
・Simply RSS Fetcher
・WP-OGP customized
・WP Multibyte Patch
・WP Social Bookmark Menu
・WPtouch(スマホ対応に変換)

必要にあわせてご利用ください。

ただし、たくさん使いすぎると、重くなるので注意が必要です。

プラグインの探し方

ワードプレスの管理画面より、

プラグイン>新規追加 で検索窓にプラグイン名を入れて検索します。

一字一句間違えずに入れます。←ここポイント

すると、プラグインが表示され、どんなことができるのかわかりますよ^^