ワードプレスインストール後、セキュリティのためにも、すぐに変更や設定をしておきたい最低限な項目をあげました。

プラグインも適宜、はじめに設定しておくと後々楽です。

ただいま、2017年4月用に記事を修正中です。そのため一部閉鎖してます。

※ワードプレス本体とこのページに載ってる画像が多少違う場合でも、慌てずに俯瞰して全体を見ると、リンクやボタンの位置などの確認をしていただけます。

すぐ変更したい箇所

プロフィール(ニックネーム)の変更とID変更
タイトルとキャッチフレーズの変更(タイトルとサブタイトルの変更)
投稿の『Hello world!』が表示されたままなので、すぐ消すこと
固定ページの『サンプルページ』は、忘れずに削除しよう
パーマリンクの設定が『?p=123』のままになってるので変更しよう
カテゴリーの『未分類』は、忘れずに変更しよう
Ping(ピング)の設定と送信先一覧のご紹介
コメントやトラックバックの設定を変える(コメント欄閉鎖、トラバ受け付けない方法)
1ページに表示される記事数を設定する
コメント欄を開放してる場合はアバターを設定(ディスカッションから変更)
管理ツールバーを非表示にするには?(プロフィールページから変更)

上記の設定は、慣れてしまうと5分程度でできてしまう設定です。

初心者さん、慣れてない人だと2週間かかった人もいますね。

ですがはじめてはそんなものですので、ゆっくり急いでいきましょう。

セキュリティの設定

ワードプレスのセキュリティ対策方法

原則無料で利用できるブログソフトのため、限界があります。

それだけは認識しておいたほうがよいです。

(アクセスが増えてくるとアタックとかいろいろされやすくなります)

プラグインの導入

プラグインを入れると、やりたいことの幅が広がります。機能を追加するイメージです。

あとから導入も可能ですが、(必須)という文字がついてるものだけは、先に入れましょう。

※プラグインは入れすぎるとサーバに負荷がかかるため、必要最低限のモノのみ使います。

>>プラグインのインストールの仕方はこちらご覧ください。

一般的なプラグイン

・お問い合わせフォームを生成する「Contact Form 7」

・過去の関連記事を蘇らせる「WordPress Popular Posts」

※ご利用してるテーマによって、はじめから「人気過去記事を表示」させる機能がついていたり、

関連記事が表示できるテーマもあります。(どのテーマがそのような仕様か、お調べします)

・自ブログへのピンバック防止プラグイン「No Self Pings」 

SEO対策・アクセスアップ(プラグイン)

アクセス解析 「Google Analytics」⇒(他のプラグインで代用できるため不要。または直接ファイルに書き込むか。)

・SEO対策プラグイン「All in One SEO Pack」(必須)

・サイトマップ自動作成「Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress」

※アクセス解析は「All in One SEO Pack」にグーグルのアナリティクスIDを入れることができます。

セキュリティ(プラグイン)

・ログイン画面に一定回数以上パスワードを間違えたIP の侵入を拒否する「Login LockDown」

・コメントスパム対策プラグイン「Akismet」(必須)

その他のプラグイン

・ソーシャルブックマークボタンをかっこよく見せる「sexybookmark」

・サイトに常にツイッターバッヂを表示する「Twitter “Follow” Badge」

・ツイートされた数を表示する「Topsy Retweet Button」

・定期的にデータのバックアップをとる「WordPress Database Backup」

(サーバに付属してる場合は、バックアッププラグインは不要)

テーマの変更

準備中